ダイエットの最も簡単な方法のひとつは炭水化物を減らすことです。

でも、お腹は減るし、ダイエット中でもお菓子は食べたい!

そんなあなたにおススメの炭水化物の少ないお菓子を一挙に紹介します。

炭水化物は糖質プラス食物繊維

市販の食品はパッケージに、製品の栄養成分が書かれています。

炭水化物は内訳に糖質と食物繊維の2つが表示されることもあります。

糖質○gと大きな文字で表示されたお菓子も、栄養成分の炭水化物が多量で驚くこともあります。

特に「ブラン」を使用したお菓子は、食物繊維が多いので糖質が少なくても合計の炭水化物は多くなってしまいます。

炭水化物の少ない食品・多い食品

炭水化物の少ない食品はナッツ類、チョコレート類、チーズ類、果物といわれます。

また大豆製品のおからを使用したものは、炭水化物の少ないお菓子によくあります。

炭水化物の少ないお菓子を見つけるコツは、最初からナッツ、チョコレート、チーズ、フルーツ、おから入っているものを探すことです。

反対に、炭水化物が多い食品は米や小麦粉、イモ類などデンプンを多く含む食品です。

炭水化物の少ない市販のお菓子

コンビニやスーパーのお菓子売り場で見かける商品も炭水化物の少ないものがあります。

お菓子の栄養成分は公式サイトに掲載されている数値を表示しました。

不二家:素材感じるカントリーマアム フルーツグラノラ

グラノラ入りの生地に4種類のフルーツを加え、ココナッツをトッピングしたミニバータイプです。

1袋3本入りで1本(14g)あたり、炭水化物8.7g(糖質7.6g食物繊維1.1g)とクッキー系としては少なめです。

参考までに、従来のカントリーマアムもバニラ1枚(10g)あたり、炭水化物6.3gです。

ココア1枚(10g)あたり、炭水化物6.4g、2個セットで食べてしまうので、そこがツライ。

ブルボン:ミニシルベーヌFS(165gファミリーパック袋入り)

箱入りの商品よりミニサイズですので、炭水化物が少なくなっています。

バニラ1個(9.0g)あたりエネルギー44kcal、炭水化物4.5g(糖質4.3g食物繊維0.2g)

ココア1個(9.0g)あたりエネルギー45kcal、炭水化物4.5g(糖質4.2g食物繊維0.3g)

ケーキ系とは思えない炭水化物の少なさです。

ロッテ:ゼロ チョコレート

チョコレートは炭水化物が少ないお菓子と紹介しましたが、その中でも砂糖0、糖類0のシュガーレスチョコをご紹介します。

ゼロ マイルド1本(10g)あたりエネルギー48kcal、炭水化物5.0g(糖質3.9g食物繊維1.0g)

ゼロ ビター1本(10g)あたりエネルギー50kcal、炭水化物4.8g(糖質3.9g食物繊維0.9g)

基本的にブラックチョコやビター系の方が糖分を加えていないので、炭水化物が少なくなります。

糖類0の商品ですが、糖質は0ではありませんし、炭水化物の合計が合いません。

これは食品成分表示基準で100gあたり糖類0.5g未満は0と表示するためで、数字のマジックです。

大塚製薬:カロリーメイトブロック

カロリーメイトブロックを小腹サポート食とすると、エネルギーに対して炭水化物の量は少ないお菓子です。

4本(400g)の成分表示を1本(100g)あたりで換算しました。

プレーン    エネルギー100kcal、炭水化物10.9g(糖質10.4g食物繊維0.5g)

チーズ味    エネルギー100kcal、炭水化物10.7g(糖質10.2g食物繊維0.5g)

フルーツ味   エネルギー100 kcal、炭水化物10.7g(糖質10.2g食物繊維0.5g)

チョコレート味 エネルギー100 kcal、炭水化物10.7g(糖質10.0g食物繊維0.5g)

メープル味   エネルギー100 kcal、炭水化物10.7g(糖質10.1g食物繊維0.5g)

ビスケットに近い食感ですが、炭水化物はかなり少ないお菓子です。

炭水化物の少ない「低糖」お菓子

糖質制限ダイエットの影響で、「低糖」の表示してあるお菓子が増えています。

森永乳業:おいしい低糖質プリン

低糖質&低カロリーのプリンで、カスタード味とコーヒー味の2種類があります。

カスタード1個(75g)あたりエネルギー64kcal、炭水化物6.0g(糖質3.3g食物繊維2.7g)

コーヒー1個(75g)あたりエネルギー59kcal、炭水化物6.0g(糖質2.8g食物繊維3.2g)

個包装のお菓子を食べるのも良いのですが、ダイエット中にプリンを1個食べられる幸せを感じてしまいます。

森永乳業は普通の焼きプリンシリーズに豆乳仕立ての焼きプリンもあります。

豆乳仕立ての焼きプリン1個(70g)あたりエネルギー67kcal、炭水化物8.1g(糖質8.0g、食物繊維0.1g)

ちなみに、豆乳仕立ての焼きプリンのオススメコピーは「夜でも罪悪感なく楽しめる」です。

たらみ:トリプルゼロおいしい糖質0シリーズ

ゼリーはカロリーが少ないイメージですが、商品によっては糖質が多いものもあります。

トリプルゼロはエネルギーの他、タンパク質と脂質が0になっています。

糖質も0ですが、チョコレートのゼロと同じで、食品表示基準に基づいて0ですので、実際の商品が1個あたり195gなので、数値は異なります。

グレープフルーツ、パイン、レモンと3種類あり、どれも栄養成分は同じです。

公式サイトには100gあたり、熱量0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0.7g(糖質0.g、食物繊維0.3g)と表示されているので、1個あたり195gに換算しました。

トリプルゼロ1個(195g)あたりエネルギー0kcal、炭水化物1.4g(糖質0.8g、食物繊維0.6)になります。

炭水化物の少ない健康志向のお菓子

個包装1個あたり80kcalにして、糖尿病の食事制限で換算しやすいように工夫されたお菓子です。

サンスター:健康道場 うまくつきあう80kcalショコラ(20g×4本)

カロリーをミルクチョコレートの1/4にした砂糖、乳成分不使用のショコラです。

1箱4本あたりエネルギー80kcal、炭水化物14.1g(糖質9.8g・食物繊維4.3g)ただし糖類、ショ糖は0gです。

1本あたりはエネルギー20kcal、炭水化物3.5gとなります。

健康志向の商品は、摂取カロリーに対してブランなどの食物繊維を増やすことで、ダイエット中になりやすい便秘対策をしています。

大塚製薬:ソイジョイ カロリーコントロール80

ソイジョイのカロリー80kcal商品です。

ストロベリー1本(18.1g)あたりエネルギー80kcal、炭水化物9.0g(糖質6.4g、食物繊維2.6g)

ブルーベリー1本(18.1g)あたりエネルギー80kcal、炭水化物8.6g(糖質:6.3g、食物繊維:2.3g)

アーモンド&チョコレート1本(16.4g)あたりエネルギー80kcal、炭水化物6.5g(糖質:3.9g、食物繊維:2.6g)

果物より、アーモンド&チョコレートが糖質は少ないのですが、カロリーを同じにするために少し小さめです。

炭水化物の少ない低糖質食品を専門に製造するメーカーのお菓子

低糖質食品のメーカーが○%オフの基準は食品成分表に表示されている一般的な食品と比較したものです。

低糖工房:糖質79%オフシュークリーム(カスタード)

糖質制限の方にはお馴染みの低糖工房です。

この他にもたくさんの商品がありますが、ダイエット中のカスタードシュークリームに泣けてきました。

シュークリーム(カスタード)1個(45g)あたり炭水化物6.0g(糖質2.4g、食物繊維3.6g)

公式サイトにエネルギーの表示がなかったので、省略しました。

糖現郷:低糖質 無添加おからクッキー(プレーンタイプ)

糖質制限ダイエット定番のおからクッキーです。

ネットでおからクッキーを検索すると多くの商品が販売されていることがわかります。

今回は、砂糖、小麦、卵、添加物を使用せず、グルテンフリーのおからクッキーをご紹介します。

1袋5枚入りエネルギー220kcal、炭水化物9.0g(糖質1.5g食物繊維7.5g)

まとめ

いかがでしたか。

ダイエット中のお菓子に罪悪感を持つ方もありますが、少し食べて空腹感を抑えることも大切です。

無理をしないで、ダイエットを続けるために炭水化物の少ないお菓子を上手に食べましょう

まあなかなかダイエットがうまくいかないならダイエットサプリメントであるミラクルチェンジトライを試してみるのもいいと思いますよ。